面白いエッセイと楽しいコラムばっかり! ABCDブログ

長編小説家ABCDが注目するあれこれについて短くエッセイやコラムを書いてます。面白い、楽しいものばっかり・・・のはずです。

日本のアイドルに注目!(28) ~馬嘉伶が寝坊した次の日から~

AKB48チーム8の馬嘉伶(まちゃりん)

1日休んだだけですが次の日から馬嘉伶の名前が、それまでは毎日アイドルのコーナーに表示されていたのですが、そこには表示されなくなり、雑居部屋というか大部屋のONLIVEコーナーのたくさんの配信者の中に表示されるようになりました。専用のガレージに置かれていた自動車がコインパーキングに移動させられるようなもので、毎日平均1万人以上いた視聴者数は5千人くらいに減りました。

寝坊明けのSHOWROOMで「あぁ写真集ー!」と叫んでいました。毎日配信1周年を達成してご褒美で写真集を出してもらいたかったでしょう。しかし寝坊したことでその夢はついえてしまいました。これは誰のせいでもなく、自分が寝坊したことでチャンスを逃したのでした。

選抜落ちは、寝坊からはじまったその悪い流れの中で起きたことでした。自分でもその悪い流れに気づいていたのかもしれませんが、初選抜だったジャーバージャの次のシングルTeacherTeacherの選抜発表中の個人配信(実況配信)では、うしろのほうから半分ぐらい発表を終えたあたりで泣きだし、最後にセンターが発表されるとき「センターはAKB48チーム8・・・・・・」という声で一瞬目が大きく開いて「小栗有衣です」で目を閉じた以外はずっと泣いていました。久々に2万人を超えた個人配信の視聴者と、となりでずっと手をつないで一緒に発表を見ていた先輩メンバーの佐々木優佳里に慰められていました。

馬嘉伶と仲良しの佐々木優佳里

選ばれなかったのは佐々木優佳里も同じです。かつて有吉AKB共和国というテレビ番組の中でよくハピネスと言われていた(言っていた)ことくらいしか私は印象がありませんが、佐々木優佳里の総選挙の順位は40位前後で安定、それなのに6年間の選抜経験はジャンケン選抜のみです。長らくあとちょっとの位置にいる佐々木優佳里だって悔しかったでしょう。

「新しいシングルが出てもまちゃがいたジャーバージャはずっと生きてるから。存在してるから。終わりとかじゃないよ・・・・・・大丈夫だよ。いくらでもまだチャンスあるし。未来はまだわからないよ。これからまた一緒にがんばろ、まちゃのがんばりはみんな知ってるから・・・・・・」と、号泣している馬嘉伶を自分も泣きながら必死で慰める姿に、優しさに、見ていた私はちょっと感動しました。

馬嘉伶についてもう少し書きます。次回は仮定の話です。


※このブログの記事名とURLの一覧表はhttps://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD
 記事のつながりや切れめ、共通タグをまとめてあります。

<主な記事の先頭ページ>
 日本のアイドルに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-1
 日本の鉄道に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-9
 誰もが苦しむ、受験勉強に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-11
 テレビ番組と動画サイトに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-19

日本のアイドルに注目!(27) ~選抜落ちした馬嘉伶(まちゃりん)~

SHOWROOMの個人配信を毎日続けること

台湾出身の馬嘉伶(まちゃりん、と読みます)はその独特のキャラクターとカタコトの日本語がウケてバラエティー番組で人気が上昇、SHOWROOMの個人配信をがんばってファンも増加、運営スタッフの間でも期待感が高まっていました。まさに飛ぶ鳥を落とす勢い、2017年の総選挙で圏外だったのにもかかわらず51stシングル「ジャーバージャ」で初めて選抜メンバーに選ばれました。圏外メンバーの選抜入りなんてめったにないことで、まさに大抜擢でした。ネット上ではファンが大騒ぎ、SHOWROOMの個人配信画面には顔をまっ赤にしてよろこぶ馬嘉伶のまわりに東京タワー(もっとも高額なギフト、1本1万円)が何本も建ち、台湾にいるご両親も大喜びだったそうです。

SHOWROOMの個人配信は毎日、300日以上続けていました。あと少しで1周年、記念の特別配信を行うことができそうでした。

同じチーム8の太田奈緒がちょっと前に毎日配信1周年を達成して特別配信を行い、配信中に出版社の編集長(光文社の青木氏、通称あおきー)がサプライズで登場して「雨の日も風の日も、あと体調の悪いときもおでこに冷えピタ貼って毎日、365日配信している姿に本当に感動して、ずっと応援していかなきゃいけないなと・・・・・・太田奈緒ファースト写真集を発売することに決定しました!」と告げられました。同じく毎日配信1周年を達成した大西桃香(通称朝5時半の女)についても同様のサプライズ(幻冬舎で写真集発売)があり、馬嘉伶も、1周年を達成して特別配信→写真集発売という流れを期待していたようです。

逃した魚は大きかった

その馬嘉伶にケチがついたのは、あと1か月ちょっとで1周年というある日の夜のことでした。いつもの時間になっても馬嘉伶のSHOWROOMがはじまらず、配信終了時間の24時まで待ちましたが、やっぱりはじまりませんでした。私は朝配信だったのかと見逃したことを悔やんだのですが、FacebookYoutubeで探しても、どうもそうではないみたいでした。翌日のTwitterに、帰宅後配信のスタート前に仮眠をとったら寝坊して目が覚めたら24時をすぎていた、というツイートがありました。

今回はここまでにします。続きは次回、(28)で。

 

※このブログの記事名とURLの一覧表はhttps://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD
 記事のつながりや切れめ、共通タグをまとめてあります。

<主な記事の先頭ページ>
 日本のアイドルに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-1
 日本の鉄道に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-9
 誰もが苦しむ、受験勉強に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-11
 テレビ番組と動画サイトに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-19

日本のアイドルに注目!(26) ~選抜落ちを経験した吉田朱里~

以前からYouTuberとして人気だった吉田朱里

NMB48のメンバーであると同時に人気YouTuberとしても活動してきた吉田朱里は、2016年末の紅白歌合戦の人気投票で突然6位になって脚光を浴びました。その勢いで2017年の総選挙では2016年の77位から大幅にランクアップし、選抜入りの下限16位にすべりこみました。

しかし、4曲連続で選抜入りしたあと51stシングル「ジャーバージャ」で選抜落ちを経験します。総選挙の結果がギリギリだったのですから、ときとして選抜落ちすることはありえます。本人は悔しいでしょうが、しょうがありません。

選ばれていた人は、選ばれなくなったら何か理由があるんだろうと考えてしまいます。握手券が売れてないとか、ファンの評判が悪いなどいろいろな理由が推測されます。運営側から吉田朱里本人に、全体のバランスを考えて選抜から外れただけなので気にしなくていい、など説明があったそうですが、ファンからは何回も「卒業が決まってるんですか?」と聞かれたそうです。

選抜メンバーに選ばれるかどうかの差

AKB48のシングルの選抜メンバーが発表され、自分の名前が呼ばれなかったらメンバーは誰だってがっかりします。その中でも特に辛いのは選抜落ちのパターンだということは前の記事でも書きました。選ばれたことがない人がまた選ばれなかったことと選ばれていた人が選ばれなくなることは同じではありませんから。

選抜メンバーに選ばれるかどうか、それはまさに雲泥の差です。給料にも影響するみたいですし、なんといってもメディアへの出演機会が全然違います。新曲についての取材もプロモーションもなく、音楽番組を、出演するでなく家でテレビで見るのでMステ出演記念のティッシュボックスももらえません。もちろん、レコーディングに参加しないので曲中に自分の声が入っていません。MV撮影に参加できないのでMVにも映っていません。しかもイベントのときの楽屋も違う(選抜メンバーには選抜楽屋という広い別室が用意されることがあるとか)そうです。

吉田朱里が、あのしっかり者がSHOWROOMで泣くわけですよ。3万人の視聴者が東京タワーを建てたり優しいコメントをしたりして慰めていました。

しかし、ガチの悔し涙でファンが増えたのは間違いありませんから、選抜落ちも悪い影響ばっかりではないみたいです。次の52ndシングルで選抜復帰を果たしましたし、総選挙も好成績(1万票以上増加して14位)でした。

次回は51stシングルで初選抜、52ndシングルで選抜落ちした馬嘉伶ついて書きます。表面上は吉田朱里との入替えですが、実質は全然違っています。

 

※このブログの記事名とURLの一覧表はhttps://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD
 記事のつながりや切れめ、共通タグをまとめてあります。

<主な記事の先頭ページ>
 日本のアイドルに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-1
 日本の鉄道に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-9
 誰もが苦しむ、受験勉強に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-11
 テレビ番組と動画サイトに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-19

日本のアイドルに注目!(25) ~大人数グループのメンバーって大変~

目を背けることのできない選抜落ち

人気メンバーの卒業、ポストまゆゆ、についての話から離れ、今回より選抜落ちについての話を書きます。アイドルに注目するのであれば、大人数グループにおける選抜落ちは目を背けることのできない事柄です。

大人数グループに在籍しているメンバーにとっての光と影、栄光と挫折、の影や挫折にあたるのが選抜落ちであるといえるでしょう。何百人ものメンバー全員が音楽番組に出演してテレビに映ることなんて物理的に不可能、音楽番組に出演するためにはギリギリいっぱい20人前後までは減らさなければなりません。各メンバーの人気や実力に基づいてメディア選抜メンバーを選ばなければならないのは当然のことなのです。

モーニング娘。も大人数グループと呼ばれることがあります。しかし、メンバーが増えても過去最大で16人、全員で音楽番組に出演することが可能な人数なので選抜メンバーを選ぶ必要はありません。それがいいのかどうかはわかりませんが、基本的にメンバー全員がテレビなどのメディアに出演できるということはグループとしての個性に影響しているでしょう。

総勢400人にせまる大人数グループ、AKB48

20人でスタートして以来メンバー数が増え続けているAKB48グループは今や総勢300人以上、400人に迫っています(海外グループのメンバーも含めると約600人!)。シングルが出るたびに選抜メンバーが選ばれ、毎回初選抜や選抜復帰する人がいる一方で選抜落ちする人もいます。総選挙の順位で誰が選抜メンバーに選ばれるか決まる場合もありますが、運営の会議で決まる場合もあります。その運営の会議においても総選挙の順位が重要な判断材料になっているみたいですが、握手券の売上、ファンの評判、本人の努力、将来性や全体のバランスなどを総合的に判断して誰を選ぶか決めているそうです。

ちなみに、卒業したまゆゆこと渡辺麻友は、ジャンケンで決まるジャンケン選抜以外で選抜メンバーに選ばれなかったことはありません。総選挙でも運営の会議でも10年以上選抜メンバーに選ばれっぱなし、なんてそんな人めったにいません。逆に、選抜落ちを経験したことがあるメンバーはたくさんいます。その中から2018年に選抜落ちを経験した、NMB48吉田朱里AKB48チーム8の馬嘉伶の2人に注目します。次回はまず吉田朱里について書きます。

 

※このブログの記事名とURLの一覧表はhttps://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD
 記事のつながりや切れめ、共通タグをまとめてあります。

<主な記事の先頭ページ>
 日本のアイドルに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-1
 日本の鉄道に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-9
 誰もが苦しむ、受験勉強に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-11
 テレビ番組と動画サイトに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-19


 

日本のアイドルに注目!(24) ~もう1人のポストまゆゆ候補、ついに発表!~

センター、誰? あと誰が残ってるの?

SHOWROOMのコメントではいろんな名前が挙がっていました。峯岸みなみ(選ばれれば13年めにして初、卒業含みってことなら可能性があるかもしれません)、入山杏奈(メキシコへの留学が決定、発表済で留学前に1回センターを経験させてやる、ということは考えられます)、馬嘉伶(前回初めて選抜入りした台湾出身の注目株)、小栗有以(48グループを代表する美少女の1人、インターネットでポストまゆゆを検索すると最上位)、田中美久(ライバル関係にあるHKT48矢吹奈子はすでに名前を呼ばれていて、ならばと多くのファンが注目。実況配信の視聴者数は最多)、太田奈緒中井りか、私は絶対にないと思いましたが、大家、宮崎、というコメントもありました。

「52ndシングルの選抜メンバー、センターは・・・」自分かもと期待しているメンバー全員が、私も、視聴中の10万人のファンもみんな、ぐっと緊張感が高まりました。いよいよです。「AKB48、チーム8、小栗有以です」

もう一人のポストまゆゆ候補、小栗有以

その瞬間、私が見ていた小栗有以の個人配信画面がぱっとまっ黒になりました。驚きましたが、そういえば配信をスタートするときに「もしも選抜に選ばれたら電話がかかってくるんでそのときはこの配信は止まりますから」という説明があったことを思い出しました。発表会場に画面を切り替えると司会の芸人と電話中でした。

「発表を見ていたってことですよね。その、見たときのお気持ちはいかがでした?」

「えっ、すごい、え、ホントに、えー、どうしようって・・・」

パニック状態でコメントがうまく言えない小栗有以が、AKB48の52ndシングル「TeachrTeacher」の選抜メンバーに選ばれてセンターで歌うことになりました。これは、51stシングルのセンターだった岡田奈々とともにポストまゆゆの候補として運営側から指名されたようなものです。そりゃあパニックになるくらい、うれしいでしょう。

しかし、ものごとには光と影、裏と表があるように、選ばれた人がいれば選ばれなかった人もいるわけです。次回以降、これについて書きます。


※このブログの記事名とURLの一覧表はhttps://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD
 記事のつながりや切れめ、共通タグをまとめてあります。

<主な記事の先頭ページ>
 日本のアイドルに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-1
 日本の鉄道に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-9
 誰もが苦しむ、受験勉強に注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-11
 テレビ番組と動画サイトに注目! https://abcdabcd.hatenablog.com/entry/ABCD-19