面白いエッセイと楽しいコラムばっかり! ABCDブログ

長編小説家ABCDが注目するあれこれについて短くエッセイやコラムを書いてます。面白い、楽しいものばっかり・・・のはずです。

日本のアイドルに注目!(16) ~山本彩の卒業コンサート~

オールスタンディングの屋外会場に約3万人!

10月27日に大阪・万博記念公園山本彩卒業コンサートSAYAKA SONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか~」が開催されました。ずっと不安視されていた雨が降りだすこともなく、絶好の好天の下にNMB48史上最大規模、約3万人の観客が集まりました。平らな地面の上にオールスタンディングで3万人って、超大物ミュージシャンのライブみたいで本当にすごい、壮観な光景でした。

この卒業コンサートは、48グループにとっては昨年行われた渡辺麻友卒業コンサート以来の大人気メンバーの卒業コンサートでした。山本彩は、渡辺麻友知名度では若干劣りますがファン人気は遜色なく、しかしながらその卒業コンサートの趣は大きく異なっていました。

スピード卒業ゆえスケジュールの調整が追いつかなかったということなのでしょうが、ちょうど東京で舞台マジムリ学園の本番中であったためAKB48メンバーの参加が困難で、必然的にNMB48一色の、純粋なNMB48のコンサートになりました。しかしそれがよかったように思われます。NMB48の絶対的スター山本彩はまるで舞台の中央に降臨した神か仏か教祖様か、太陽のごとく輝くまばゆい存在になっていました。

NMB48の全現役メンバーに加えて大物OGのサプライズ出演もありました。山田菜々と最近芸能活動を再開させたミルキーこと渡辺美由紀とさや姉がならんでいる光景が何年ぶりかで実現してファンは大感激、ミルキーが「彩ちゃん」と言うだけで女性ファンからキャーキャー悲鳴があがっていました。王子様のような格好をした木下百花も現れて舞台上でキスするし、花火もバンバンあがってサプライズ演出もてんこ盛りでした。それにさや姉のギターソロも、もはやかくし芸アイドルの特技レベルではなく、完全にミュージシャンレベルになっていました。

山本彩の集客力

しかしながらこういうゲストや演出は事前に発表されていたわけではありません。集客のウリは山本彩NMB48を卒業するということのみ、NMB48メンバーだけの出演予定で屋外会場に約3万人を集めたのです。

すごいことですよ。興行の経験則として大阪の集客力は東京の2ぶんの1、屋根つきから屋外に会場を変更すると観客が3割減るとか言われますが、プロ野球の日本シリーズの終了前の時期なのでドーム球場は使えないため屋外会場しかなかったのでしょうが、大阪ドームとか東京ドームでも充分満員にできただろうと思われます。

逆に、山本彩のスターとしての光が強すぎたぶん、山本彩が卒業したあとNMB48は大丈夫なんだろうかとちょっと心配になってしまいました。今後NMB48をひっぱることになるであろう1期生の吉田朱里白間美瑠、センターを務めることになるであろう太田夢利にはこれまで以上にがんばってほしいものです。

次回は昨年行われた渡辺麻友卒業コンサートについてです。比較すると面白いかもしれません。